保険と会社の関係

法人設立での保険による会社への負担

法人設立の手続き自体は、基本的には登記申請が終われば完了することになりますが、社会保険などの手続きも必要となりますから注意が必要です。民間の営利団体として法人設立をすれば強制適用事業所として扱われます。個人事業として働いているときには必要のない倍も多いのですが、法人となった時には強制適用になりますから、必ず手続きを行わなければならないのです。
届出に関しては様々なところに行かなければならず、税務署や都道府県の税事務所、市区町村の役所などにそれぞれ提出しなければならない書類が存在しますから、これらを把握しておくことは必要です。社会保険に関しては年金事務所で扱う事になります。ここで新規加入の手続きを行う事が必要となるのです。
手続きをすること自体はそれほど難しいものではないのですが、実際には会社が負担しなければならないものも多いですからこれが資金繰りを悪化させることもあります。そのために、個人事業として経営をしていた方が楽だと感じる人もいるようです。法人設立をすれば税制面で有利になる事も多いですが、社員がいればこのような負担がありますから、この点についても事前に考えておくことが必要となるのです。
負担する金額は色々な条件によって異なっているのですが、会社側の負担と社員側の負担とがありますから、双方が負担しなければならないと考えておきましょう。実際に支払う給与に対して、会社側が約14%、社員側も約14%の負担となります。社員が負担する分については給与から差し引くことになりますから、今まで働いていた人の場合には手取金額が減ることになります。その分を給与アップで補ってあげようと思うのなら負担も大きくなるのです。
法人設立をしたばかりの時には赤字経営になる事も多いでしょう。ですから税制面での負担はそれほど大きくはないと考えられます。しかしながら、社会保険関連の負担は非常に大きいと考えられます。税金は利益に応じてかかってくる事になりますから稼いでいなければ金額も小さくなりますが、社会保険はそれとは関係なく支払っていかなければなりませんから、会社側の負担はかなり大きいと考えておきましょう。
法人設立をするメリットは色々ありますが、このような費用負担の面でのデメリットはありますから、特に社員を雇うことを前提として法人設立をする場合にはキャッシュフローについても計画を立てておくことは必要なのです。

最近の投稿

Copyright© 2014会社設立のルール All Rights Reserved.